8匹の犬の行動特性

犬の行動特性

8匹の犬の行動特性

犬の行動特性

  1. 行動を再生します。 主なパフォーマンスは、お互いを追いかけたり、遊び心を持ったりするなど、目的のない活動を繰り返し行うことです。
  2. 犬はお互いを嗅ぐことによって他の犬と通信します。 XNUMX匹の犬は、お互いの性別、年齢、出身を知るために会うときに、お互いのお尻を嗅ぎます。 彼らが散歩に行くとき、彼らは常に地面の排泄物を嗅ぎます。これは彼らが情報を伝達するためのユニークな方法でもあります。
  3. 階層的な行動は子犬の頃に現れ、離乳後、子犬は自分の状態を判断するために仲間と戦い始めます。
  4. すべての犬は登山が好きで、飼い主の足や子犬の背中を狙うことがあります。 一緒に登っているXNUMX匹の子犬は喜びのしるしであり、大人の男性は彼らの腕前を見せるために登っています。
  5. 犬は、おそらく本能的な食べ物を探す行動として、飼い主の手と顔をなめるのが好きです。 子犬が母親の顔をなめるとき、母親が食べ物を逆流させながら食べ物の切れ端を探しているので、犬があなたに暖かくキスするとき、骨を与えるとキスするよりも幸せになります。
  6. 犬はきれいな動物であり、定期的に排便する習慣があります。 通常、目覚めた後、食事をした後、または夕方に毎日排便します。 屋内の犬は、排便のために上記の時間に毎日外に散歩に連れて行くことができます。
  7. 刺激に敏感。 犬は頭のてっぺん、口、腰、足など、体の敏感な部分がたくさんあり、見知らぬ人が頭に触れるのは好きではありません。

犬は乗り物酔いを起こしやすく、これは感覚機能の感度に関係しています。 ほとんどの犬の皮膚は汗腺がないため、環境の湿度と熱に非常に敏感ですが、耐寒性は非常に強いです。

8.犬は強い記憶を持っています。 彼らは、家に帰る道を見つけるために、何千マイルも離れた場所からでも、所有者の声と自宅の住所を決して忘れません。

この投稿を共有