日本のペット産業開発の概要

日本のペット産業開発の概要

日本のペット産業の歴史

日本のペット文化は長い歴史があり、第二次世界大戦後にペットの消費量が増加しました。

ペットの飼い主の増加に伴い、業界法が徐々に出現し、業界規範が徐々に改善され、ペット関連の商品やサービスの充実度が飛躍的に向上しています。 第二次世界大戦後の日本のペット産業の発展は、XNUMXつの期間に分けられます。

はじめに(1970年代と1980年代以前)、

成長期(1970年代、1980年代〜21世紀)

成熟期(21世紀から現在まで)。

1.初期段階:業界団体が次々と出現し、法律や規制がペットの飼い主とペットを保護しています

日本のペット文化の起源は広範囲に及んでいます。 日本の猫の起源は中国に関係しています。 唐王朝(西暦6世紀頃)に、猫は日本の商人や僧侶によって最初に日本に持ち込まれました。 8世紀から12世紀にかけて、猫は外来種が不足しているため、高貴なクラスのペットになりました。

日本の天皇は初期の「猫の奴隷。」 1980年代以降、日本のアニメーション、映画、テレビ、日本文化を代表する文学作品に、「ハローキティ」、ドラえもん、トトロなどの漫画画像が多数登場しています。

日本文化の黎明期には、犬は人間のしもべとして行動し、狩猟を助け、家を守り、政府を守りました。

ペットを飼うという意識の形成により、犬の忠実でかわいい特徴は、犬を飼うことを選択するより多くの人々を引き付けます。 犬は日本のペット市場の主要な選択肢のXNUMXつになり、犬の飼い主の数とペットの犬の数は増え続けています。

ペット業界団体および法人格のある法律および規制は、ペット業界の発展と管理の基礎となっています。

1948年、日本は最初に日本動物保護協会を設立し、他にXNUMXつの関連協会を設立しました。 これらの協会は、業界の規制と発展に積極的な役割を果たしてきました。 業界団体の活動と結果は、その後の政府のペットの統治と管理にも役立っています。

1973年、日本は非野生動物を保護・管理する「動物保護管理法」を制定しました。

それ以来、法律に従い、猫と犬、展示動物、実験動物、産業動物の繁殖、保護、管理に関する多くの基準が策定されてきました。 協会と政府は、ペットの保護を確保し、ペットの飼い主、ペットの飼い主、ペット、野良ペットの法的権利を保護するために、初期の日本のペット管理システムを継続的に標準化するために協力しています。

猫们站在一起画像述已自PINげ

2.開発期間:ペットの数の急速な増加は関連産業の急速な成長を促進します

法律の改正により、人とペットの関係はさらに深まりました。 人々はもはや犬や猫を「ペット」としてではなく、家族の一員として扱っています。

1999年に「動物保護管理法」が改正され、「動物保護管理法」に改称されました。 この法律は、動物の世話をするという精神から始まり、動物の飼い主に対する責任をさらに強化し、地方行政機関の任務と権限を強化します。 ペット関連の開業医のための規制の策定を開始します。 2005年には、動物の保護をさらに推進するため、「動物の世話と管理に関する法律」が改定されました。

ペットの飼育に必要なペットフード業界は、XNUMX年近くにわたって急速な成長を遂げてきました。

ペットフード業界は、ペット飼育の概念の進歩により急速に成長しました。 ますます多くの家族が家にペットを飼っています。

協同白龍は1960年に日本初のペットフードを立ち上げ、1972年に日本初のプロペットフード工場の建設に投資しました。1978年、 日本ペットフード産業協会、日本のペットフードターミナルの規模は36億円に達しました。 1992年には280億円を超えました。 業界の複合成長率は15.8%に達しましたが、日本のGDPの複合成長率は同期間に約6.3でした。 %。

3.成熟度:消費量の増加はペットの数の減少を相殺し、成長は安定する傾向があります

日本のペットの成熟度は、犬の数が減り、猫の暑さが増していることを特徴としています。

景気後退と高齢化の深刻化により、愛犬は衰退しています。 それに比べて、猫は影響を受けにくく、「猫の経済学」はますます人気が高まっています。 「猫の経済」とは、どんなに厳しい経済状況であっても、猫やその関連商品に対する国民の熱意が常に高いことを意味します。 企業が猫を使用している限り、猫は注目を集め、猫から利益を得ることができます。

日本のペット市場の現状

1.日本における犬と猫の数

2020年18.13月現在、日本のペットの数は8.5万頭に達しており、そのうち9.6万頭が愛犬、15万頭が愛猫です。 猫と犬の数は15.3歳以下の子供たちの数(19百万)を超えています。 これは、COVID-XNUMXパンデミックの間に新しいペットの飼い主の数が増加したことも一因です。

2020年、日本で最も人気のあった13.1種類の犬種は、トイプードル(犬の総数の12.8%)、チワワ(11.8%)、シバス(11.3%)、小型ダックスフント(2016%)の小型犬でした。 XNUMX年以来、これらの品種はXNUMXつの最も人気のある品種となっています。 日本では、主に人口の高齢化と働く夫婦の増加により、小型犬がより多く見られます。 人々のライフスタイルは変わりました。 多くの人は、面倒な世話と大きな吠え声のために大型犬を飼いたくないです。

猫に関しては、日本が好む猫の大部分(75.5%)はハイブリッド猫であり、次にアメリカンショートヘア猫(猫総数の4.8%)、スコティッシュフォールド猫(3.4%)が続きます。

ペットの病状は継続的に改善されており、犬の84.7%、猫の90.4%が一年中屋内で飼われているため、日本のペットは病気になりにくく、長生きする可能性が低くなっています。

日本では、犬の平均余命は14.5。15.5年、猫の平均余命は約XNUMX。XNUMX年です。 高齢の猫や犬の成長により、ペットの飼い主は栄養を補給することで高齢のペットの健康を維持したいと考えています。 したがって、高齢のペットの増加は、ハイエンドのペットフード消費の成長を直接促進します。 日本におけるペットの人間化の傾向は、ペット用品の消費の向上を背景に明らかです。

2.日本のペットフード業界規模

日本の矢野経済研究所のデータによると、日本のペット産業の市場規模は、1.570年に99.18億2019万円(約1.67億元)に達し、前年比425%増加した。 その中で、ペットフード市場は26.8億円(約0.71億元)で、前年同期比27.07%増となり、日本のペット業界全体の約XNUMX%を占めています。

ペットフードの輸入の観点から、日本は263,494年に2019メートルトンのペットフードを輸入しました。これは日本の国内ペットフード総消費量の44.4%を占めています。 その中で、タイは33%の市場シェアで日本のペットフード輸入市場で16.4位にランクされ、次に米国が16%、フランスがわずか65%で2019位にランクされました。 これら50つの輸出国を合わせると、XNUMX年の日本のペットフード輸入総額の約XNUMX%を占めました。しかし、国産ペットフードの嗜好により、国内ペットフード市場シェアはXNUMX%以上上昇しました。

3.日本のペットフードの販売

2019年、日本のペットフードの売上高は3億米ドルを超えました。 これは3.5年に比べて2018%の増加であり、ペットフードの売上高は2018年連続で増加しています。 2019年から1年の間に、ペットフードの売上高は594,000%未満減少し、約XNUMXメートルトンの安定したレベルにとどまりました。これは、ペットフード製品の価格が全面的に上昇したことを示しています。

地上有许多食図述已自食已

ドライドッグフードの売上高は合計176,609メートルトンで、67.3年のペットフード市場の売上高の2019%を占め、5.1年から2018%減少しました。ソフトドライ(21,570メートルトン)およびセミモイスト(5,104メートルトン)のドッグフードの売上高は3.2減少しました。ウェットドッグフード(1メートルトン)の売上高は34,017%増加しましたが、それぞれ%と4.1%でした。

価値の面では、ドライドッグフードの売上高は718億5.6万ドルで、2018年に比べて8.1%増加しました。ウェットドッグフードの売上高は207%増加して2018億2019万ドルになりました。 64年から27年の間に、ソフトドライドッグフードとセミモイストドッグフードの売上高もそれぞれ2019万ドルと1.36万ドルに増加しました。 XNUMX年、日本でのドッグフードの総売上高はXNUMX億米ドルに達しました。

2019年のドライキャットフードの売上高は、キャットフード市場の63.9%を占め、194,078トンで、2.1年から2018%増加しました。 -湿ったキャットフードは2019%の成長率で最も重要な成長を達成しました。 ウェットキャットフードは33%増の2018トンでした。

2018年から2019年にかけて、日本のキャットフードの総額は7.9%増加して1.59億米ドルになりました。 2019年には、他のすべてのキャットフード製品カテゴリーの売上高が増加しました。ただし、ソフトキャットフードとドライキャットフードの売上高は33.3%減少し、合計で約200,000万米ドルになりました。 セミモイストキャットフードの売上高は9.795%増の約900,000万ドル、モイストキャットフードの売上高は8.6%増の約725億XNUMX万ドルでした。

セミモイストおよびモイストペットフードの売上高の増加は、猫と犬のためのモイストダイエットと栄養製品への世界的なシフトを表しています。

4.日本のペットフードの販売チャネルとブランド

日本で最も人気のあるペットフードの流通経路は、プロのペット製品卸売業者です。 最も人気のあるペットフード小売チャネルには、家具センター、ディスカウントストア、スーパーマーケット、薬局、ペットショップが含まれます。 Eコマースもこの分野で着実に発展しています。 オンラインチャネルの割合は、11.5年の2015%から13.1年の2019%にわずかに増加しました。

日本のペットブランドに関して、日本のペットフード業界のトップ20.1の巨人、マーズ、ユニチャーム、コルゲート、ネスレ、稲葉の価格は、13年にそれぞれ9%、7.2%、4.9%、2019%、1.2%の市場シェアを持っていました。 2.1年間で、地元の日本のブランドであるユニ・チャームと稲葉の市場シェアは年々増加し、それぞれXNUMX%とXNUMX%増加しました。

この投稿を共有